« 風習 | トップページ | 退院しました »

コペンどうするの?

と皆様に聞かれます

もちろん私も、妊娠を知ったときに、妻に確認しました。

「コペン好きなんでしょ?私の車もあるんだから、実際にどうしてもコペンじゃ駄目だったら、その時に考えればいいよ」

すごく嬉しかった。

 

結婚してしばらくして、私の乗っていた車が2回目の車検。

その頃は、どうしても欲しい車は特になかったけど、家族が増えても良いようにと、3列シートの車を買いました。運転も割と楽だし、一杯荷物は積めるし、エンジンも比較的余裕あるし…なかなかの優等生。

でも、ルームミラーにうつるシート、3列目どころか2列目さえいつも空席で…

車は何も悪くないんだけれど、悪くないから余計に辛い気持ちになることもある

結局は、わがままかもしれない

でも、そんなとき出会ったコペンは、そんな気持ちを埋めるすべてを持っていました。

ファミリーに必要な要素のほとんどを欠いたその小さな車は、私に足りなかった沢山のことを教えてくれます。

コペンにはできないことがいっぱい。でもそれを嘆くより、コペンにしかできない楽しみや喜びは色々隠れている。それを見つけると無性に嬉しい

そして…「もしかしたら、3人目は乗れないコペンが、新しい家族を連れてきてくれるかもしれないね。」と、ダイハツで商談の途中、妻と交わした冗談半分の会話。

本当に届いた…2人しか乗せられないコペンからの、ちょっと意地悪で最高のプレゼント。

「まるでコウノトリだね」

「でも…オープンにするとちょっと空を飛んでいる気分になるから、まんざら的はずれでないかもしれないよ」

コペンが今でも我が家の一員なのには十分な理由です。

|

« 風習 | トップページ | 退院しました »

コメント

そう、その悩み、気にはなっていたのですが…。
奥様の車もあるなら、なんとかなるかもですね。

わたしなんて、シングルマザーだから
セカンドカーでもなく乗れてるんだなぁ
なんて思ったり(笑。
なにか大きなものを積むとき、3人以上で
出かけるときは母の車を使ってます。

たくさんの喜びをくれるコペンと一緒に
過ごした記憶はずっと残るでしょうね♪

奥様のお言葉、うれしいですね(^^)

投稿: ポピン | 2006年4月10日 (月) 01時41分

そうですね…私の場合は、早くに子供ができていたら、コペンのオーナーになることはなかったでしょう。それと、もしもコペンをもう少し前に買っていたら、このタイミングで乗り換えたのかな?

何となくですが、コペンと出会って一緒に時間を過ごしたことで、心の中の余裕の部分が変わったと思います。
結構完璧主義のところがあった私ですが、出来ないことがあっても良いし、急がなくてもいいじゃない…と考えられるようになったかも(まだまだ駄目ですけど)。
コペンとの時間って、車と過ごした。。。というより、友人やペットとの思い出に近ような気がします。

投稿: クリス | 2006年4月12日 (水) 21時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 風習 | トップページ | 退院しました »